なんで看護師さんは給料が良いの?

看護師の職業でよくいわれているのが、「汚い・きつい・危険」の3Kです。看護師は天使だ言われ、綺麗なイメージがありますのでお仕事もお医者さんの補佐的なものだとしか思っていない方もいるでしょう。

しかし、実際はまさにその3Kが常に突きつけられているのです。まず、『立ちっぱなしで尚且つ常に動いているのが看護師』です。病院ですから走り回っていることはよっぽど緊急のときだけですが、それでも腰かける暇もないような忙しさの中にいます。

患者さんの排泄物の処理、男性女性関係なく体を拭いたりお風呂に入れたりすることも日々の仕事です。

夜中でもナースコールが鳴り響けばすぐにかけつけなくてはいけません。感染病の危険性もありますし、医療事故を自分が起こしてしまう可能性だってあります。夜勤の有無によって給料はかなり違っており、すべての勤務環境で一律の給料がもらえるというわけではありません。

実際に勤務している看護師さんの立場としては、逆に給与が勤務内容からすると低すぎるという意見もかなり多いようです。いつも笑顔なのできつそうに見えないかもしれませんが、現実はかなりのハードワークが看護師の仕事です。